キャッシングおまかせNavi

グレーゾーン金利

HOME   サイトマップ   免責事項   運営会社
  キャッシングTOP > グレーゾーン金利
グレーゾーン金利

 グレーゾーン金利とは

最近テレビのニュースを騒がせている「グレーゾーン金利」とは一体どのような金利なのでしょうか。
素朴な疑問にキャッシングおまかせナビが答えます。

消費者金融の金利というのは法律で上限を設定しているのですが、ややこしいことに上限を設定する法律というのが2つあります。この2つの法律のちょうど間にあたる金利が「グレーゾーン金利」と言われています。

グレーゾーン金利を生む2つの法律とは


1. 【 出資法 】
- 上限金利29.2%、金利がそれを超えたら刑事罰あり
2. 【 利息制限法 】
- 元本10万円未満 : 20.0%
- 10万円以上100万円未満 : 18.0%
- 100万円以上 : 15.0%
- 金利がそれぞれを超えても刑事罰なし

つまり・・・


29.2%を超える貸出し金利を設定している会社は「出資法」に抵触しているので、すべて違法貸金業者つまり、ヤミ金です。摘発の対象になり刑事罰の対象です。
では、29%で貸出しをしている消費者金融業者はどうなのでしょうか。
消費者金融業者が、法令で規定されている書面を交付したり、借入者が任意で借入金を返済しているなどの一定の条件を満たす場合には、「利息制限法」の水準を越える金利の設定が、事実上有効になってしまうケースがあります(貸金業規制法43条)。
現在、多くの消費者金融業者は、この手を使って25〜29%の金利を設定しているようです。つまりこれが、「グレーゾーン金利」です。「利息制限法」には罰則規定がないので、多くの消費者金融業者がグレーゾーン金利を利用しているようです。

そもそもこんな制度になっている時点で消費者金融業界と政界との癒着の匂いがプンプンしますね。また大手消費者金融会社の大株主が米国企業で米国系金融業界(それらと癒着している米国政治家)から金融庁に圧力がかかったとの噂も某週刊誌に載っていました。

しかし、実際には中小企業や零細企業の超短期のつなぎ資金としてのニーズもあるようです。
20%を上限金利にすることで、審査の厳格化、長期化により零細企業の倒産件数が増える可能性もあります。また、20%にすることで本当に自己破産が減るのかも疑問です。自己破産者の増加は金利ではなく、社会の構造的な問題に起因する可能性があるからです。

消費者金融のメリットは迅速にお金を借りられることです。審査が厳格化されれば当然そのメリットは薄まります。消費者がしっかり理解して借りる分には、問題は起こりません。自分がいくら借りているのかをしっかり把握してキャッシングを利用しましょう。
▲ このページのTOPにもどる

+キャッシング会社一覧
はじめに
キャッシングとは
賢いキャッシングの
選び方
キャッシングQ&A
キャッシング
業態別キャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融系
目的別キャッシング
即日キャッシング
低金利キャッシング
短期間無利息
おまとめローン
対象者別キャッシング
ビジネスローン
女性ローン
学生ローン
キャッシングお役立ち情報
キャッシングNEWS
グレーゾーン金利
ヤミ金業者
債務整理
借金体験談
相互リンク


Copyright © 2004-2005  キャッシングおまかせNavi  All Right Reserved.