キャッシングおまかせNavi

ヤミ金かな?と思ったら

HOME   サイトマップ   免責事項   運営会社
  キャッシングTOP > ヤミ金業者 > ヤミ金かな?と思ったら
ヤミ金業者 | ヤミ金業者の手口と特徴 | ヤミ金業者の被害例 | ヤミ金かな?と思ったら | ヤミ金業者の種類 | 
ヤミ金融対策法について【法律】 | ヤミ金被害相談先
出所:金融庁ホームページ

 ヤミ金かな?と思ったら

1.まず登録業者かどうか確認しましょう
2.出資法違反の高金利でないか確認しましょう
3.その他の注意事項

1.まず登録業者かどうか確認しましょう

財務局長又は都道府県知事の登録を受けているかどうか確認してください。
広告に 「都(3)*******号」 もしくは 「関東財務局長(5)******号」 といった表記があるかご確認ください。
登録番号を答えない業者は、無登録業者の可能性が高いです。
しかし、登録番号があったとしても、架空の登録番号を使うなど登録業者を装う無登録業者もいますので、注意が必要です。
疑わしい場合には、金融庁のホームページで検索し登録されているか確認してください。 金融庁でヤミ金業者のリストも公開してますので、こちらもご利用ください。
登録業者でもヤミ金業者はありますので、登録があるだけで安心しないでください。 金利などをご自分で確認するようにしてください。
▲ リストにもどる

2.出資法違反の高金利でないか確認しましょう

出資法第5条第2項に定められている上限金利(年29.2%:元本1万円につき1日8円の利息)を超える貸付けは、出資法違反となり罰則の対象となります。
借入れの際には金利、利息を必ず確認し、違法な高金利を請求されていないか確認しましょう。
例えば、「10日で3割、5割の利息」、「3万円借りて7日後に1万円の利息」といった利息は、出資法の上限金利を超える違法な金利です。
▲ リストにもどる

3.その他の注意事項

その他、下記のことにも注意しましょう。
電話やFAXによる借入れは手軽・簡単な反面、ヤミ金業者の可能性があります。特に、地方の方は遠隔地からの電話やダイレクトメールによる融資の誘いには、十分に気を付けて下さい。
借入れの前に利息計算・返済方法・返済期間・手数料・遅延損害金などを確認し、具体的にきちんと説明できない業者からは借りないことです。
トラブルとなった時の証拠となるため、借入れの際には契約書を必ず受け取り、保管しましょう。契約書を渡さない業者からは、借りないことです。
契約書に署名・捺印する前に、金利などの契約内容をよく読んで、不明な内容がある場合にはしっかりと説明を求め、納得できない場合やおかしいと感じた時には、はっきりと断る勇気を持ちましょう。
住所、電話番号、銀行の口座番号などの個人情報を簡単に教えないことです。融資を断ったとしても法外な手数料を取り立てられたり、銀行口座に勝手にお金を振り込まれ違法な高金利の利息を請求されたりします。
▲ リストにもどる
▲ このページのTOPにもどる

+キャッシング会社一覧
はじめに
キャッシングとは
賢いキャッシングの
選び方
キャッシングQ&A
キャッシング
業態別キャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融系
目的別キャッシング
即日キャッシング
低金利キャッシング
短期間無利息
おまとめローン
対象者別キャッシング
ビジネスローン
女性ローン
学生ローン
キャッシングお役立ち情報
キャッシングNEWS
ヤミ金業者
債務整理
借金体験談
相互リンク


Copyright © 2004-2005  キャッシングおまかせNavi  All Right Reserved.